FC2ブログ

White Besic

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダヴィンチ・コード

漸くダウィンチ・コード観に行ってきましたvv
考えずにただ観ていたら面白いですがひとつ気にしだすと
なぜそうなるのかが気になって段々解らなくなってしまいました(苦笑)
原作を読まないと理解出来そうにありませんでした~(汗)
話の内容は理解できたのですが謎を解く事が難しいです~
ダヴィンチ・コードと全然関係ないのですが、イエスとマグダラの
間に子供サラが居たのですがその子孫がいまどうなっているのかが
凄く気になります~♪
トム・ハンクスが格好よくって素敵でしたvv
出来る男はいいですね!
前からルーブル美術館に行って最後の晩餐が見に行きたかったので
映画を観てよりいっそう行きたくなりました☆
DSCN2152.jpg


スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プルートで朝食を

リーアム・ニーソンが出演しえいる「プルートで朝食を」観に
行ってきましたvv
なかなか面白かったです、リーアムが神父役なのはいいのですが
名前がそのままリーアム神父だったのにはビックリしました(笑)
[簡単なストーリー]
アイルランドで生をうけた男性の生い立ちで母親に似て美しい
顔立のパトリックは小さい頃から綺麗なものに惹かれ女性の服を
身につけるようになっていった。
自分を捨てた母親を探しにロンドンに行き色々な人と出会いテロに
まきこまれて頼れる人も居ない淋しさから体を売ってゆく、そこに
リーアム神父(父)が尋ねてきて母の居場所教えパトリックは母を
訪ねるが何も言えずに家を後にした気持ちの整理がついたパトリックは                生まれたアイルランドに戻って自分がすべき事を見つけ友達の
チャーリと子供の為に人生をおくってゆく。
[主人公]
パトリック・キトゥン・ブレイデイ役のキリアン・アーフィー
小さい頃から綺麗なものが好きで女装に興味をもっていた
パトリックは自分が作り出した神話の中に存在する聖人
‘キトゥン’であると思い込むようになる。
[父]
リーアム神父役のリーアム・ニーソン
パトリックに本当の事(父親と言うこと)を伝えることが
出来なかった事を悔いていた。
[友達]
アーウィン役のローレンス・キンラン
チャーリ役のルース・ネッガ
二人は友達から恋人になったがアーウィンのIRA(テロ組織)の
運動に加わりへまをして殺されてしまう。
チャーリのお腹にはアーウィンの子が宿っていた。
[感想]
パトリック役のキリアンの女装綺麗でしたvv
話の展開が淡々として句切ってあったのが新鮮で面白かったです。
へたれなリーアム・ニーソンが良かったですね(笑)
DSCN2134.jpg


映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。