FC2ブログ

White Besic

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MOVIE

今日映画を観に行ってきましたvv
映画の日だけあって混んでいてチケット買うのに10分並びました。
観た映画は、ジョニーデップ出演の「リバティーン」と
ナタリー・ポートマン出演の「Vフォー・ヴェンデッタ」ですvv
後、「ニュー・ワールド」も観る予定だったのですが
時間が合わなかったので今回は諦めました~
行けたら今週木曜日にでも観に行こうかと思っています~v
映画観だすと止まらないです~楽しい~☆
観た映画の内容を語っちゃいます。
「リバティーン」
17世紀時期を短くも壮絶な生涯を送った破天荒の放蕩詩人ジョン・ウィルモット             第二代ロチェスター伯爵の生涯を綴った物語。
ジョニーデップが演じる人物
主人公、放蕩詩人第二代ロチェスター伯爵ジョン・ウィルモットは
挑発的な言動で人々の注目を集め、民主に与える影響も大きく
彼の才能を評価し期待する王は詩を書かせるが
重要な客人の前で猥褻な詩を披露して王の怒りを買ってしまう。
酒と女に現を抜かすそんな彼に愛想を尽かしたくても愛することを
止められない妻、エリザベス・マレット。
娼婦をはじめ彼の言動を面白がる悪友達に囲まれ
今日も傍若無人に振る舞って渦中の人であり続ける
彼はある日、芝居小屋で一人の駆け出しの女優に出会う
荒削りながらも一目で彼女エリザベス・バリーの才能を見抜いた
彼はロンドン一の女優に育てようと決意するが
それが彼の心を深く乱すことになる。
あくまでも自由精神を貫く生き方しか出来なかった
ウィルモットの墜ちゆく運命。
<感想>
色々な思いがこうさして悲しかったです。
一人の男性に振り回される女性達の思い
それを知りながも何にも出来ない
ウィモット気持ちに涙しました~
ジョニーデップの演技力凄いです魅入られましたvv
「Vフォー・ヴェンデッタ」
独裁国家と化した近未来のイギリス
第三次世界大戦の世界をベースにした物語。
移住者、異教徒、同性愛者、活動家、不治の病人など
あらゆる異端者が排除され、外出禁止令、検閲そして
監視カメラが守りを固めるファシズム国家。
そこに出現した仮面の男、コードネーム“V”。
<ナタリー・ポートマンが演じる人物>
主人公イヴィーは、反政府運動に走った両親を国家の公安部によって
連行され殺されてしまう。弟は178人の子供たちを襲ったウィルスによる
児童死亡事故被害者の一人として他界してしまった。
ひとり取り残されたイヴィーは未成年矯正施設に入れられ
両親の逮捕がトラウマになり喘息に苦しむ。
5年間過ごし施設を出てからは、BTN(英国放送)の職員になる。
そんなイヴィーを理解して交際しているBTNの実力派番組司会者の
ゴードン彼はゲイで自分をカモフラージュするために
イヴィーと恋人同士のフリをしている。
彼女の父親は作家でその作品をVは熟読していたため
作品の名言を引用していた。
Vとイヴィーの関係は、当初Vがイヴィーを啓蒙しょうとしていたが
イヴィーの心身ともに成長する姿にVも影響をされ
やがて二人は愛し合う事に。
「V」
謎に包まれた仮面の男、その仮面の下にある素顔を知る者も存在する。
Vはラークヒル収容所に収容されていた時代に
当時勤めていた司令官のプロセロと、司祭のリリマン
植物学者のデリア、V自身が自分の創造主というサトラー。
Vと呼ばれるようになった由来は、Vが収容所の5号室に居たのと
英数字で5=V すなわち「V号室の男」血液内に異常細胞が生まれて
その異常細胞がVのパワーの源だと言われている。
ラークヒル収容所で謎の大火災が発生してVは炎に包まれながら
勇姿を現し消息を絶った。
収容所が閉鎖されてから10年後、剣術と空手を身に付けVは
革命の火をともし、腐りきった社会に自由と正義を取り戻すために
戦いを繰り広げる。
<感想>
境遇が違う二人が惹かれあっていくさまか良かったですvv
Vのイヴィーに対する思いが切なくって悲しかったです~
マトリックスを手がけているだけあってアクション
格好よかったです!痺れました~vv
ナタリーの体当たりの演技に女優魂を感じました☆
DSCN1708.jpg

スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NEW WORLO | ホーム | SWコス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。